にゃにゃにゃ工務店

ネコの写真時々落書き

やめよう!「囚人のジレンマ」!

〔お知らせ〕

昨日の缶バッチ、
ご希望
いただいた方には
普通郵便で
発送しております!

着荷の連絡や
お礼など
(ブログに記載、はてブコメントなど)
一切ご不要です!

使って
いただければ
ただただ
それだけで
うれしいですので^^

もちろん
住所なども
一切
収集しておりませんので
ご安心を^^

〔本文〕

昨日
読んでて
琴線に
触れた
記事
news.yahoo.co.jp

ジャーナリストの
神田敏晶さんが
書かれた
もので
ざっくり
言えば
「スーパーの空っぽの棚ばかりクローズアップして報道して不安を煽るな」
という
内容

中でも
囚人のジレンマ
について
書かれた
箇所に
非常に
感銘を
受けた

〔以下引用〕

■『囚人のジレンマ』に踊らされる人々
囚人のジレンマ』というゲーム理論がある。

お互いに協力する方が協力しないよりもよい結果になることが分かっていても、協力しない者が利益を得る状況では互いに協力しなくなる、というジレンマのことだ。

そう、食料品を誰かが買い占めなければ、みんなに行き渡るようにできているのに、自分が得をしようとして買い占めることによって、みんなが買い占めはじめて誰にも行き渡らなくなる状況だ。

そう、数週間前から『トイレットペーパー』における『囚人のジレンマ』を体験しているはずなのに、愚かな都民はまたこれを繰り返そうとしている。



囚人のジレンマ

みなさまは
ご存知
でしょうか?

まず、
二人の囚人「A」「B」がいます。
この二人は
 ・共犯
 ・罪の重さ同等
 ・今は隔離されている

この二人に
偉い人が
司法取引を持ちかけます。

「本来なら、
 お前たち二人とも
 懲役5年だが
 自白すれば
 お前だけは釈放してやる!」

ルールはこうです。

〔一人だけ自白した場合〕
自白した方は釈放、もう一方は懲役10年

〔二人とも自白した場合〕
本来の通り二人とも懲役5年

〔二人とも黙秘した場合〕
証拠不十分で二人とも懲役2年

【にゃにゃにゃ図解】
 ↓  ↓  ↓
f:id:JuneNNN:20200328131644j:plain

どう
考えても
「二人とも黙秘」
(二人とも懲役2年)
得策です!

しかし
「もし相手が自白しちゃったら、オレだけ懲役10年かぁー...」
と、
考えて
しまう
ジレンマ。

これが
囚人のジレンマ
です。
(実際にはもっとイロイロ深いです。これはかなりざっくりな説明です。)

誰もが
普段
10個
買うところを、
8個に
しとけば
街に
商品は
潤沢に並び、
出遅れた人も、
他所から来た人も、
外国人も、
みんなが
購入でき
みんなが
ハッピー
なのに
「もし相手が自白しちゃったら、オレだけ懲役10年かぁー...」
(もし他の人が買い占めちゃったら、自分だけ買えないー)
精神が
発動し
スーパーの
棚が
空っぽ
なんて
現象が
起こっている現在。

買い占めて
転売云々は
そもそも
論外ですが、
まっとうな
人間ですら
判断を
誤って
しまうのが
怖い
ところ。

インターネットを
活用し
ブログを書き
ブログを読む
我々は
決して
情報弱者
では
ありません。

正しい
情報を
入手し
本当の
情報弱者たちを
導くべきだと
わたくしは
考えます。

そんな
大げさな
ことでは
ないですよ!

派手な
報道に
ビビる
母親
後期高齢者
「まあ落ち着け!」

なだめ
買い占めに
走らせない
程度の
ことですよー



さてさて。
注文してた
ものが届き、
また
箱を
ゲット
した
葉月くん
f:id:JuneNNN:20200327232711j:plain
ご満悦ですが
さっそく
いたずら
大将
あっきーが
やって
きましたよー
f:id:JuneNNN:20200327232719j:plain
にゃんこ世界の
ルールは
「早い者勝ち」

聞いた
気が
しますが...

f:id:JuneNNN:20200327232726j:plain
どうやら
あっきーには
「早い者勝ち」
ルールは
通用
しない
ようです
^^;
f:id:JuneNNN:20200327232734j:plain
あー
あー
あー
あー
ついに
実力行使の上
葉月くんを
追い出し
ちゃい
ましたー
(>_<)
f:id:JuneNNN:20200327232739j:plain
もー
囚人のジレンマ

ゆずりあい
って
お話
した
ばっか
なのにー
台無し
だよー
(>_<)


さてさて
重い
ニュース
続きで
申し訳
ないのですが
知るべき
事だと
思うので
シェア
します。
www.asahi.com

ベルギーでは
飼い主から
ペットの
猫への
感染が
確認された
とのこと。

前回の
香港の
犬の例とは違い
今回は
猫も
症状を
発症
(下痢、嘔吐、呼吸困難)
幸い、
現在は
快方に
向かって
いるそう。


新型コロナも
現在では
中国も、
海外旅行も
あまり
関係なく
誰が
いつ
どこで
感染しても
おかしくない
状態です。

今、
考えるべきは
「もし今わたくしが感染したら?」
では
ないかな?

思って
います。

とりあえず
自身が
感染
した
場合の
にゃんずの
受け入れ先は
確保
しました。

にゃんずの
ストレスを
考えれば
わたくしが
出て
行くのが
一番
なんですが
コロナに
感染した
わたくしを
受け入れて
くれる
宿泊施設は
ないでしょうし、
重症化
しないと
入院も
させて
もらえ
ないで
しょうから
やはり
にゃんずを
預けるのが
現実的かな?
と。

いつ
何が
起こっても
慌てないよう
心の
準備だけは
して
おきたい
ですね。


最後に...
少し
ショッキングなことを書きます。
苦手な方はスルーして下さい。
読みたい方は
以下、
白文字で
書いておりますので
反転してお読みください。
↓ ↓ ↓
前回の報道にあった香港の新型コロナ感染の犬はその後亡くなったそうです。
(飼い主が病理解剖を拒否したので新型コロナとの因果関係は不明。高齢(17歳)のポメラニアンとの事でしたので、施設への隔離などのストレスも関係していたのかもしれませんね...ご冥福をお祈りいたします。)