にゃにゃにゃ工務店

ネコの写真時々落書き

動物病院遍歴「三度の転院」の事情

フリー素材の
お絵描きブログはこちら
 ↓ ↓ ↓
juneoekaki.hatenablog.jp



ずーっと・・・
「いつか書きたい」

思いつつも
なかなか
書けずにいた
動物病院のことを
書こうと
思います。
(少し・・・いや、だいぶ長いです・・・^^;)


南動物病院(三重県

病院については、
「何でもいい」
とは
なかなか
思えず
比較的
こだわる方
なのだと
思います。



先代わんこの
「肥満細胞腫(悪性腫瘍)」
治療には
三重県
「南動物病院」
まで
片道5時間
かけて
通って
いました。
(週二回)

f:id:JuneNNN:20220121122449j:plain
南動物病院


ちなみに
当時の
「南動物病院」
最新放射線治療器を
有した
国内唯一の
個人病院
でした。
(他にも有名な「麻布大学附属動物病院」など国内に4~5軒はあったのですが、その全てが大学病院でした。)


f:id:JuneNNN:20220121122528j:plain
病院の帰りに「俳聖殿」をお散歩


山陽動物医療センター

その後
(さくらさんの放射線治療後)
研修医時代に
「南動物病院」
勤務
していた
先生が
岡山県内で
開業されている
「山陽動物医療センター」
さくらさん、
大河くんとも
お世話に
なっておりました。


f:id:JuneNNN:20220121122550j:plain
山陽動物医療センターエントランス


f:id:JuneNNN:20220121122604j:plain
エントランス横ベンチ



その後、
さくらさんは
亡くなり・・・
(老衰での穏やかな死でした。)



若き日の大河くん
f:id:JuneNNN:20220121123350j:plain
わたくしの足と闘うw



数年後、
葉月、秋月を
迎えた頃から
片道1時間の
「山陽動物医療センター」への
通院も
きびしくなり
(特に秋月は、おうちから一歩連れて出るとゼェゼェ言って息が出来なくなるほど鳴き続ける子だったので・・・)
自宅から
20分ほどの
病院に
変わりました。



当時のにゃんず
f:id:JuneNNN:20220121123305j:plain


二度目の転院

こちらの
病院は
特に
可もなく
不可もなく
ただ
診察時間が
長い
(週末や夜間の診察もあった)
のが
メリットで
秋月、葉月の
 ・去勢手術
 ・三回目ワクチン

まで
お世話に
なりました。



去勢手術後
f:id:JuneNNN:20220121123315j:plain
別居生活中



葉月が
ワクチンで
発熱
する子で
 一度目(チビ時代の)・・・気付かず
 二度目・・・たまたま体調悪かった?
 三度目・・・やっぱりだ(>_<)


となり、
当該病院は
「じゃあ今後ワクチンはしない方向で」
と、
なったのが
ちょっと
わたくし的に
賛同できなくて・・・


完全室内飼いの
場合は
そういう
選択が
あるのも
もちろん
知っていても
わたくしが
何かを
持ち込む
可能性だってあるし・・・


そこから
知人、友人などの
口コミ
頼りに
自宅より
10分ほどの
病院へ
転院!


三つめの病院

こちらは
ご夫婦で
開業されている
病院で
(ご夫婦とも医師)
こじんまりと
小ぎれいな
病院で
ネットなどでの
評判も
至って
良好!!


担当は
奥様で、
ワクチンで
発熱の件も
接種前に
ステロイド
処方して
いただき
問題クリア!!



が・・・
事件は
その後に
起こりました。


事件勃発

葉月の
血液検査結果
(当該病院では初の血液検査)
「CRE(クレアチニン) 2.0」

さし、
「腎不全ですね、すでに腎臓機能の3/4が失われています。今すぐ療法食に切り替え、残った腎機能を温存しましょう」


(((( ;゚Д゚))) ガ・・・ガーン

わたくし、
大ショック・・・

そりゃ
もう
ホントに
この世の
終わりかと
思うほど
落ち込みましたよ・・・

葉月
まだ
3歳ですよ!!!
f:id:JuneNNN:20220121132350j:plain
なんてかっこで寝てんの?な葉月くん(笑)


とりあえず
医師の
言葉が
何度も
何度も
頭をグルグル
「あーもう大好きな焼きかつおもチーズも食べられないんだ・・・」
などと
考えて
涙ボロボロ



それから
数日たって
少し
わたくしも
冷静になり
ネットでも
イロイロ
調べて
よくよく
考えたのですが・・・

 ・たった一回の血液検査で?
 (誤差とか体調とかは?)
 ・高かったのは「CRE」の値のみ
 ・精密検査もなしに断言?


など
ちょっと
「???」
と、
思いだし・・・

保管資料など
漁りまくり
葉月1歳の
血液検査結果
発掘!!!


こちらも
今回と
同じく
「CRE(クレアチニン) 2.0」


そして
その時の
医師
(前病院)との
(前病院)
やり取りも
思い出す。


確か
「個体差」
「体調」
「シチュエーション」
あるので
毎回
続くようなら
「エコー」とか
「SDMA」とか
もっと
精密な
検査を
しましょうって
お話を
したような・・・



ちょっと待って!
葉月の
腎機能が
実際のとこ
どうであれ、
たった一回の
検査結果
(しかも一項目の値のみ)
声を
大きくして
「腎不全」
と、
断言って
やっぱり
ちょっと
乱暴
なんじゃない???



考え出すと
止まらず
さらに
イロイロ
調べまくり
・個体差(生まれつきCRE高めの子もいる)
  ※大柄で筋肉質な子に多い
・基準値は「~1.8」までとされているものが多いが、中には「~2.1」とされているものもある
・尿に蛋白が出ていない
(通常CREが上がると蛋白がでる)
・朝食後の検査だった
・表示されてる検査時間が狂ってる
 (機器自体のメンテ不足の可能性?)


などを
箇条書きに
さらに
全てに
ソースもつけ
再度、
病院に!!!



言いたいのは
決して
「病気診断を取り消せ!」
ではなく
「断言は尚早では?」
です!
(それにしても、今考えたらイヤな患者ですね、わたくし^^;;;)


ちなみに
この時
対応してくれたのは
ご主人!

専門書
(恐らく猫の医学書の腎臓の項目)
まで
目の前に
提示し
ていねいに
対応して
くださいました。

最終的に
「腎不全と断言するには現在はまだ判断材料が足りない」
「まずはSDMA検査を推奨する」
「機器のメンテ不足(時間が狂ってる)は申し訳なかった」

などの
回答を
ゲット!
(ちなみにわたくしは時間を占有するので当然診察のつもりで行ったのですが当日の診察料はとられませんでした。)



で、
結果から
申し上げると・・・


 ・エコー問題なし
  (先天性の腎臓の形成異常なし)
 ・SDMA標準値




と、
いうことで
葉月、
まずは
無罪放免
\(^o^)/

f:id:JuneNNN:20220121132558j:plain
やったね♪


現在、
仲良くして
いただいてる
みなさまは
よく
ご存じの
通り、
ごはんも
ちゅーるも
焼きかつお
おいしく
いただいてます
(*´ω`*)



元々の
体質と、
また
身体も
大きく
筋肉質なので
通常より
若干
血中クレアチニン値が
高め
なので
あろうと
いうこと。


もちろん
監視は
怠れませんので
念のために
今でも
三ヶ月に一度
・尿検査
(蛋白がでていないか)
と、
・SDMA

欠かしません。


三度目の転院

当該一件後も
同病院に
お世話に
なっていたの
ですが
明らかに
変わったのが
医師(元々の担当の奥様の方)の態度


口の中で
「モゴモゴ」
「モゴモゴ」
奥歯に
物が挟まった様な
歯切れの
悪さで
「これは〇〇!」
とかの特定、

「では、これを試してみましょう!」
とかの提案、
一切を
しない。


当時の
最大の
お悩みは
大河くんの
尿潜血
だったのですが、
(二週間ごとの尿検査)
検査結果を
提示し
「まだ出てますねー」
と、
言うのみ・・・



葉月の
腎不全の件
(断定を覆したこと)
不愉快だったのか
ショックだったのか・・・


とりあえず
これじゃ
病院に
通ってる
意味がない!


「検査結果」をもって
「病の特定」
「治療の方針」
「治療の提案」
などを
するのが
「医師」じゃ
ないのか??


まいど
まいど
ただ
ただ
検査結果を
見せられるだけ・・・

これじゃ
「自動尿検査機」
だよ
(;´Д`)


このままじゃ
さすがに
ムリだと
思い・・・

1.担当医をご主人に変えてもらう
2.転院する


の、
二つで
悩み・・・

同病院内
(しかもごく小さな個人病院)
「担当変更希望」
なんて
したら
カドがたつよなー・・・
と、
思い
結局
転院
することに!!


f:id:JuneNNN:20220121132626j:plain
当時のお昼寝の様子
(今とあんま変わらない・・・笑)


動物病院難民

とはいえ、
この
地方都市で
そう
簡単に
いい病院が
見つかる
はずもなく・・・


そもそも
三重県まで
何時間も
かけて
通えてたの
だって
さくらさんが
「ドライブ大好き」
「車酔い0」


わんこ
だったから!


一歩
お外に
出るだけで
大・大ストレスの
にゃんこじゃ
到底
ムリな
芸当
(;´Д`)


f:id:JuneNNN:20220121122710j:plain
さくらさん、ゴキゲンでドライブ中♪


にゃんこじゃ
せいぜい
片道30分が
リミットだし、
あちこち
行って
見るわけにも
いかないし・・・


で、
以前に
書いた
こちらの記事
↓ ↓ ↓
junemutsumi.hatenablog.com



結局
「ここぞ!」と
思う
病院
(地の利、設備、院長のスキルなどで)
約5~6軒
ピックアップし
電話相談をし
その際の
対応などで
決めたのが
今も
お世話になってる
若葉会動物病院

f:id:JuneNNN:20220117095518j:plain


もちろん
電話で
GOODでも
実際に
行ってみて
アレ
だったら
一度っきりの
つもりで
いましたが、
病院(院長?)
方針なども
含め
すっかり
気に入り
今に
至っています。


当時から
人気の
病院
でしたが、
今では
ますますの
大人気で
待ち時間が
どんどん
伸びてるのが
玉にキズ
ですが・・・^^;


そんな
状況でも
いざ
診察室に
入ると
時間を
惜しむことなく
とことんまで
質問にも
答えて
くださるのも
ありがたい
(*´ω`*)


まとめ

「だから何?」
って
わけでも
ないのですが
これまでの
我が家の
「動物病院遍歴」
まとめて
みました。


f:id:JuneNNN:20220121132655j:plain
未来を見据える(?)にゃんず


今後、
もっと
もっと
動物医療が
進み、
治療にも
通院にも
なるべく
多くの
選択肢がある
状況と
なることを
願っています。



だいぶ
長くなって
しまいましたが
本日も
最後まで
ご覧いただき
ありがとうございましたー