にゃにゃにゃ工務店

ネコの写真時々落書き

寛平御記~にゃにゃにゃ意訳~

昨日のブログ
↓ ↓ ↓
junemutsumi.hatenablog.com

さっそく
続けたいと
思います!!


宇多天皇については
さすが!!
ご存知の方も
多いようで(笑)

そして
「歴史は大の苦手!」
「日本史チンプンカンプン!」
と、
おっしゃられた貴方!

宣言します!

貴方はきっと
宇多天皇」の事が
大好きになるはず
(笑)


ではでは
早速
続きです!

f:id:JuneNNN:20200625125612j:plain

昨日、
ご紹介しました
宇多天皇~うだてんのう~
日記で

現存する
天皇の日記では
最古と
されています。


その中の
特筆したい
箇所(原文は漢文)
イロイロ
参考にさせて
いただきながら
現代語訳
(というか、完全ににゃにゃにゃ流「意訳」ですw)
してみましたw



(朕閑時述猫消息曰。驪猫一隻。)
今日、暇やしー
うちの猫のこととか
ちょっと書こうかと思う



(太宰少貳源精秩滿來朝所献於先帝。)
元々はー
太宰府
勤めてた知り合いが
転勤の時に、
うちの父に
くれたんだけどー



(愛其毛色之不類。餘猫猫皆淺黑色也。此獨深黑如墨。爲其形容惡似韓盧。)
ちょっと
他の猫とは違うっていうかー...

毛並みが超ーいいのね!

そっりゃ黒々してて
まじ墨みたい!!

もう...
いわゆる韓盧~かんろ~!?
(中国春秋時代にいたという俊足の犬で名犬の代名詞)



(長尺有五寸高六寸許。其屈也。小如秬粒。其伸也。長如張弓。)
背の高さは18センチ、
体長は45センチくらい。

小さくかがんでたら
黒キビの粒みたいだけど、
思いっきり
伸びたら
まるで弓みたいに
そっれはしなやかで長いの!

f:id:JuneNNN:20200625144705j:plain



(眼精晶熒如針芒之亂眩。耳鋒直竪如匙上之不搖。)
目はキラッキラで針みたいにするどくて、
耳はもうピーーーンッッって(≧▽≦)

f:id:JuneNNN:20200625144728j:plain



(其伏臥時。團圓不見足尾。宛如堀中之玄璧。)
香箱座りで
足もしっぽも隠しちゃったら、
これまじ!
黒い宝玉よ、宝玉!!



(其行步時。寂寞不聞音聲。恰如雲上黑龍。)
歩いてる時なんて、
音もしないし、
なに、この気品!
天上の黒龍??



(性好道行暗合五禽。)
どうも
気孔が
得意らしくてー
(笑)

その動き!!
まさに!!
五禽戯~ごきんぎ~」!
(虎・鹿・熊・猿・鳥の動きを元とした健康法)

f:id:JuneNNN:20200625145502j:plain



(常低頭尾著地。而曲聳背脊高二尺許。)
いつも頭としっぽを
地面に着くほど
低ーく
かまえてるけど、

f:id:JuneNNN:20200625145528j:plain

いざ立ち上がって
背伸びしたら
60センチくらいはあるねー



(毛色悅澤盖由是乎。)
てかやっぱ
こういう気孔?
的なのを
身につけてるから
毛色が特別っていうか
キレイなのかなー?



(亦能捕夜鼠捷於他猫。)
あ、あとあと!

夜、ネズミ捕る時とか
すっごい速いの!

f:id:JuneNNN:20200625145603j:plain

いや、まじ速いから!!

ちょ、もう他の猫とかの
比じゃないから!!



(先帝愛翫數日之後賜之于朕。)
まあ...
そもそものー
もらい主は
父なのねー

なんだけどー、
なんか
数日、
かわいがった後
「お前いる?」
とかって
くれたわけ!!



(朕撫養五年于今。)
で、
それから
かれこれ
5年たつんだけど...



(毎旦給之以乳粥。)
毎日、
乳粥~にゅうのかゆ~
あげてるわけー
(「乳粥」(=乳酪と思しい)を毎日というのは当時としては相当の贅沢)



(豈啻取材能翹捷。誠因先帝所賜。雖微物殊有情於懐育耳。)
いや...
別にね!
この猫が
超ー優秀だから!
とか、
超ーかわいいから!
とか、
育ててる
わけじゃないのよ!

まあ...
父のくれたものだからー
仕方ないっていうかー/////



(仍曰。汝含陰陽之氣備支竅之形。心有必寧知我乎。猫乃歎息舉首仰睨吾顔。似咽心盈臆口不能言。)
「いいこでちゅねー

 おまえは
 身体は元気だしー
 おりこうさんだから
 ボクの
 言ってること
 分かるでしょー?

 ほら!
 「だいちゅきーっ!」
 とか、
 言ってごらーん!」

って、
ちょっと
猫に
言って
みたんだけどー
(笑)

f:id:JuneNNN:20200624110459j:plain

あははー
やっぱ
ためいき
つかれちゃったわー^^;

       〔完〕
----------
「寛平御記」~にゃにゃにゃ意訳~



な!!
な!!!
なんですか!???
この
溺愛っぷり!!

我らが
鼻の下
デロデロ
伸ばしながら
書いてる
ブログと
まーったく
一緒じゃ
ないですかー!?
(≧▽≦)


宇多天皇
この
「寛平御記」は
日本最古の
「飼い猫の記録」

されています。

ということは...

宇多天皇
ご自身が
日本最古の
「猫の下僕」の記録
であることは
この
溺愛っぷり
からしても
間違いないでしょうね(笑)


f:id:JuneNNN:20200618112005j:plain
(ネコの下僕~再掲載~)



二日間に渡り、
最後まで
ご覧いただき
ありがとうございましたー





〔参考にさせていただいた記事、ブログ〕
日本最古の飼い猫記録、宇多天皇の「うちの御ねこ」:猫ジャーナル
(漢文箇所はこちらより引用させていただきました。)
寛平御記:くるねこ大和
宇多天皇の黒猫(寛平御記):さるねこふみ別館
日本文学と猫(5) 宇多天皇の猫(『寛平御記』)(下):うつらうつらと連ねるブログ
にゃんこサライ特別編1:サライ
【天皇だって、猫がお好き】平安時代の猫好き天皇。宇多天皇の愛猫べた褒めツンデレ日記とは?:全ての受験生に贈る高校日本史